So-net無料ブログ作成

汚染水 真実 魚 サーモンもダメ?!汚染魚を食べて生きると言うこと。 [一般]

  スポンサードリンク



東電が衝撃的な発表を行いました。


Toden01.jpeg


その発表の内容は、
『約1年8ヶ月に渡り、
雨に混じって汚染水が周囲に漏れだしていた可能性がある』
とのこと。


Toden02.jpeg


台風18号の接近に備え、
原発のせき内にたまった雨水を採取し検査したところ、
放射性物質が17万~2400ベクレル含まれていたとの事。


国の基準放出量は30ベクレル。
ケタ違いの放射性物質の放出量であることがわかります。


ここまでの濃度ではないにせよ、
少なからず周辺地域への流出が懸念されています。



============================================
■魚への影響は?
============================================

日本は島国。
新鮮な魚が大好物の方も多く、
実際に日々食べている方も多いでしょう。


今回の発表で、
海への流出も少なからず考えられることが
明らかになりました。

→まずはこちらの記事を御覧ください。あの魚も危険なの?!?


この記事によると、
放射性物質は海底に溜まっていくため、
海底に生息するヒラメ、カレイ、貝などは危険とのこと。

Toden03.jpeg


また、それに加えコウナゴなど、
浅瀬を泳ぐ魚も汚染の危険性が高いといわれています。

Toden04.jpeg


専門家の意見では、
『回遊魚のマグロやカツオも危険が高く、
 太平洋の回遊魚を安心して食べることはもうできない』
とのこと。

→一方で基準値を超える汚染魚はほとんど見つかっていないとの発表も


こちらのように実際の測定結果を見ると、
汚染魚はほとんどいない。という発表もありますが、
記事中にも書かれている通り、

ストロンチウム、トリチウム

の量が測定されていないのが現実。


上記の放射性物質の量が特に懸念されており、
完全に安心とは言えない状況です。



スポンサードリンク





============================================
■じゃあ、どうしたら良いのさ!!
============================================

そんなニュースばかりつきつけられて、
一体どうしたらいいのか!!!
と思う方も多いでしょう。


実際に、私も同じ感想を持っています。


でも、よく考えれば、
『人生、どんな些細な事でも何が正しいかわからない』
と思うんです。


魚を食べるかどうか。ということは、
『いかに生存確率を増やすか』
という問いかけにほかなりません。


もちろん、長生きすることは大事です。
ー大切な家族ともっと時間を過ごしたい。
ーまだまだ色々なことにチャレンジしたい。


と思うのは当然です。
みすみす危険を犯す必要は全く無いでしょう。


でも、ここで同時に考えたいと思うのが、
『生きる。という事はどういうことか』
です。


私達は、死ぬまで生き続けます。
でも、誰も生きるということ。死ぬということ。
がどういうことかを知りません。


あなたがゲームを買ったとしましょう。


そのゲームが、
すべてが流れ通りに進んでいって何のトラブルもなく、
ガイド通りにエンディングまで進む。


そんな内容だったらどう思うでしょうか?!


『こんなのプレーする意味ないじゃん!!!』
『全くおもしろくなかった!』


と文句をいうのではないでしょうか?


ゲームに私達が求めているのは、
ートラブル、悲しみ、興奮、怒り
などの感情の揺れです。


映画を見て、
全くアップダウンの無い内容だったら
どう思うでしょうか?


・・・でも・・・
私達が求めているのは安定です。


感情のアップダウンを実生活に求めるのはやめ、
なるべく平坦にのんびり生きていこうとします。


でも、これって生きていると言えるんでしょうか?


悲しいことは良くないことだ。
嬉しい事はいいことだ。
怒る事は良くないことだ。


など、私達は感情に優劣をつけています。


でも、ゲームや映画で考えると、
すべてストーリーに不可欠なスパイスなんです。


様々な出来事により、感情は揺さぶられるものです。
感情が揺れること自体は中々コントロールできません。


でも、その感情を味わって、
自分の中のスパイスとして消化し、
前向きなエネルギーに変えていく。


それならば私達はすることができます。


何かの出来事を悲しいと思えば、
自分の立ち位置を知ることができます。


『あ〜俺ってこういう事を求めているから、
 こういう事が起こったら悲しくなるのか。』


そういう風に、
感情の揺れを避けるのではなく、
色々な感情を味わって自分を知っていく。


そういうプロセスを繰り返すことが、
生きるという事なんじゃないかと思います。


汚染魚から完全に話がそれてしまいましたが、
汚染魚も大気汚染も何もかも、
何が正しいのかなんて分かりません。


人に選択を委ねていては、
悲しいことが起こった時、
『仕方ない』と諦めるか怒ることしかできなくなります。


どんな出来事も、自分次第でプラスに変えていける!
そう思ったら、もう少し選択の幅が広がるかなぁー。
と思ってこの記事を書いてみました。

  スポンサードリンク
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。