So-net無料ブログ作成

iPS臨床研究、先端医療センターで実施決定 [医療]

  スポンサードリンク



iPS細胞(人工多能性幹細胞)で目の難病「加齢黄斑変性」を治療する臨床研究について、細胞の移植手術を行う病院を運営する先端医療センターが29日、実施を決めたそうです。

■手術の内容
 患者の皮膚からiPS細胞を作製。
 網膜の細胞に変化させてシート状に加工し、患者の目に移植する。
夏にも手術が行われるとの事です。

 とのことです。
 いよいよiPS細胞の本格利用がスタートしているんですね。

■iPS細胞って何?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%A4%9A%E8%83%BD%E6%80%A7%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E

 色んな細胞に文化可能な細胞かつ、患者さんの細胞からつくれるので拒絶反応が少ないんですね。
 倫理的な問題も生まれると思いますが、可能性は無限大だと思うので、
 有効利用して皆がもっと人生を楽しめるような未来につながるといいなと思います。

■加齢黄斑変性について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E9%BD%A2%E9%BB%84%E6%96%91%E5%A4%89%E6%80%A7

■先端医療センター
 http://www.ibri-kobe.org/hospital/

  スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。